ビジネスとしての商品撮影の基本とコツ

個人のブログなどで写真をアップすることは多々あります。その場合は、画像の良し悪しをさほど気にする必要はありませんが、ビジネスとして商品の写真が必要とされる場合、高解像度の画像が求められ、撮影にも細心の注意が払われます。中でもカタログといった印刷物の場合は特に注意が必要で、プロのカメラマンに撮影依頼するのが一般的です。しかし、予算の問題があったり、比較的簡易な印刷物に写真を載せる場合などには、自分で撮影するというケースもあります。また最近はネットでのビジネスで商品写真を載せることも多々あります。

ビジネスで使用する商品を個人で撮影する際は、最低でも気をつけたい撮影のコツがあります。
撮影機材は、可能な限り高精度のものを使用し、撮影解像度を上げた設定を利用します。今のカメラは、手ぶれ補正や自動焦点機能があるので快適です。

機材選びと一緒に、撮影条件にも気を配る必要があります。大抵の場合、室内での撮影ですが、照明が十分なければ写真自体が暗くなってしまうものです。プロのカメラマンが撮影する場合は、太陽光や照明に加え、その光を反射させて、間接光を作るレフ板を使用します。
簡易的なものを買うか、白いシーツなどを代わりとすることもできます。照明に関するコツと同時に、商品背景にも気を使う必要があります。より商品へ目がとまるように、背景は目立たない程よいでしょう。また商品のカラーによっては、背景の色も工夫が必要です。黒っぽい商品なら暗い色の背景は使用しないほうが良いです。
白っぽい商品なら、同系色の背景は避けたほうが無難です。商品に関係なく背景が白のときは、光りが反射してフレアをおこしますので、避けましょう。

撮影のコンディション以外のコツとしては、商品が明確に分かるサイズで撮影する事、また商品の特長となる部分が画面でも確認できるような角度から撮影するという点などが挙げられます。ビジネスで使う商品写真の良し悪しは、商品の売れ行きにも影響しかねない重要な点です。最低限の撮影のコツを学んで、欲しくなるような魅力的な写真を撮りましょう。