不動産屋でシェアハウスを探す際のポイント

独身の一人暮らしというと賃貸マンションが一般的です。賃貸マンションは田舎から都会まで全国各地にたくさんあり、供給過剰の状態にありますので選り好みしなければすぐにでも物件が見つかる状況です。そして最近増えているのがシェアハウスというものです。

シェアハウスとは通常のマンションとは違いキッチンが共同だったり、大浴場が備えてあったりと、共有スペースが設置されている物件のことをそう呼びます。
大学や企業の寮のイメージすればわかりやすいと思います。寮ならば同大学に通っている人や同僚などが一緒に住んで、食事が出ますがシェアハウスというのは全く知らない他人が一緒に共同生活を送り、食事などは用意されません。

こういったシェアハウスは近頃とても増えていて大手の不動産会社などが新築で建設したり、使われなくなった寮などを買取ってシェアハウスへの入居したい人々を募るなどいろいろとあります。特に都会はこうしたシェアハウスが増えているといわれていますが、そういうふうになる理由はいくつかあります。
まず地方の人が都会に出てくるとどうしてもさみしくなるので共同生活を送っていると家族と一緒に生活しているような感じで、寂しさを感じなくていいという理由です。そのほかにこうしたシェアハウスでは家賃が抑えられていますので、家賃が高価な都会ではこうしたシェアハウスが重宝されるという理由があります。

自然光が溢れるハウススタジオがあります
他方でデメリットもあります。まずシェアハウスの生活を楽しみに入居してみても、そこでの生活が上手くいかない人が出てくることです。
大人になると一人でゆっくりしたいときもありますが、共同の生活で煩わしさもありますので、こうした生活に嫌気がさしてしまう人も割と多く、賃貸マンションに引越しをする人も実はたくさんいます。またこうしたシェアハウスは友人や恋人を家に招き入れるということができない物件がほとんどですので、こうした不便さもあります。ですから共同生活が好きな人にしかあまり合っていないといわれています。

 

だれもが一度は豪邸やタワーマンションに住んで見たいという思いをいだくかもしれません。しかし、家賃が高額なことから諦めているかたがほとんどだと思います。そこで、シェアハウスでその夢を叶えてみてはいかがでしょうか。シェアハウスには、豪邸やタワーマンションなどさまざまなタイプがあります。間借りすることで、家賃を抑えて豪邸に住むことができます。