会社案内の印刷にふさわしい用紙とは

最近では、ネット通販で印刷依頼ができるサービスが、続々と出てきています。従来のタイプのサービスは、実際に物理媒体で印刷会社に印刷を依頼していましたが、これら最新のサービスでは、ウェブ上で全てのやり取りが完結するので、今まではありえなかったほど、早急な納期にも扱いできるようになりました。

その上会社によっては、ネットで注文したチラシを、そのまま配達に回してくれるというサービスも登場し、依頼者側の労力はほとんどいらなくなりました。ところがやりとりは、ウェブ上でPCディスプレイでの確認作業になるので、印刷物の最終形については、完成を待つしかないというデメリットもありました。
しかしながら、そうしたネット完結型印刷企業に、ほとんどのケースで無料サンプルというものを配布しています。

これは、実際の完成のイメージを持ってもらえるために、印刷会社が作ったもので、各用紙でつくられています。例を挙げると、コートと呼ばれる種類の用紙では、つるっとした光沢のある仕上がりにすることが出来ます。ちょうど女性向けのファッション雑誌のカラーのページのような質感で、非常に見栄えと手触りがよい用紙になっています。
また、このコートをさらに分厚くしたものに、アートポストと呼ばれる用紙があります。これは特殊な薬品がついており、持った時に手にくっつくような肌触りで、劣化がわずかなのが特徴です。ポストカードや名刺に使用され、その強い風化耐性から非常に人気になっています。

また、それらの用紙の中でも最高品質なものが、ハイマッキンレーアートといわれる用紙です。
完璧に漂白が施された真っ白な用紙の上に、ツルツル光沢加工を施してあるので、おおいに綺麗な下地になります。印刷物も高い解像度の画像だと、大きく高い再現率を誇るので、写真集や画集に用いられる最高級の用紙となります。このようにインターネット通販の印刷用紙といっても、普段よく目にするA4のコピー用紙だけでなく、チラシから写真集や企業の会社案内まで、その幅広い使い道で様々に使い分けています。