鍵ろ交換する理由

建物の鍵は、しばしば変えられます。その理由は、安全性です。例えば賃貸の物件を見ると、住民が入れ替わることがあります。ある時までにAさんという方が、その家に居住していたとします。そしてある時期にAさんはその住宅から引越しをして、Bさんという方が新しく住むことがあるのです。ところでその際に、Aさんがまだ鍵を所持している可能性があります。という事は、Bさんが暮らしている住宅に対してAさんが入ってしまう可能性もあるのです。

Bさんとしては、安全なのか気になってしまいます。そこでキーが交換される訳です。もしも仮にAさんがCという鍵を持っていたとします。そのCといった鍵ではなく、Dの鍵に交換をするケースもあるのです。その理由はAさんがCという鍵を持っていても、Bさんが住んでいる住宅の扉を開ける事が無理なのです。扉を開ける為には、どうやってもBさんが持っているDという鍵が必要となるからです。ですからBさんに対する安全性が高まるのが、交換する利点の1つです。
ところで人々が賃貸の物件に居住しようとすると、ときたま不動産会社から交換料金が必要と言われる事があります。その根拠は、上記のような作業を行う為です。現時点ではBさんが入居を計画している物件は、まだ鍵はCで開けられます。そのCの鍵をDのカギに交換する為に、交換料金が発生する事がある訳です。すなわち賃貸の交換料金というのは、ある意味安全確保の為の料金でもあるのです。

そして紛失時にも、交換が行われる事もあります。

Eさんが鍵を無くし、Fさんがそれ拾ってしまったとします。そうするとFさんとしてはEさんの住まいに不法侵入できる可能性もあります。このためEさんとしては、鍵を新しくする事があります。その理由としては、上にあげたAさんとBさんの事例とほぼ同様です。

いずれの場合にしても、鍵の交換は「安全性」が目標になっている訳です。居住者の安全確保を標的としているため、人々は「鍵の交換はとても肝心」と思っている事も多いです。