鍵の複製方法を紹介します

鍵というツールは、しばしば模造されます。いわゆる合鍵といったものが、その1つです。それが複製される理由は2つあります。

まず1つ目として、建物を利用する複数の方々が開け閉めをしたいと思っている場合です。そもそも建物に居住している方は、1人だけとは限らないのです。3人や5人など、かなり多くの人たちが建物を利用している場合もあります。多くの人々が建物に居るとなると、鍵が1つのみでは不自由してしまうケースもあるのです。

例えばAさんがキーを持っているとします。そして同じ建物に一緒に住んでいるBさんが外出をして、戻ってきたというシチュエーションです。当然Bさんとしては建物に入る為にドアを開けて入ろうとするのですが、Bさん1人では開けられない事があるのです。鍵を持っているのはAさんのみで、Bさんはそれを持っていないからなのです。なのでBさんとしては、誰かが建物の中に居ない限りドアを開けられない訳です。そのような事態を防ぐ為に、鍵の複製が行われます。複製された鍵をBさんに持たせる事によって、Bさんとしてはいつでも建物の中に入ることができるという訳です。
ですので多くの方が自由に出入りできるようにする為に、鍵が複製されるということです。

あとは鍵の紛失の問題もあります。そもそも私達は、たまに鍵を紛失してしまう事があります。どんない探してもその鍵が出てこない事も珍しくないのです。そして鍵を無くしてしまった場合、建物内に入れなくなってしまいます。そのような事態を防ぐ為に、鍵の複製が行われる訳です。
一例としてAという鍵から、Bという鍵が作られたとします。その後に誰かがBという鍵を使い続ける訳ですが、それを無くしてしまう危険性もある訳です。しかし仮にBが無くなったとしても、まだ鍵Aは残っています。ですので万が一紛失した時でも問題ないように、コピーされる場合もある訳です。ちなみにAの鍵のような場合は、しばしばマスターキーと呼ばれることがあります。

つまり「行き来自由な状態を構築するため」と「紛失リスクを抑えるため」に、たびたび鍵は複製される訳です。