情報収集には口頭や紙またはweb媒体による方法があります

いろいろな場所、時間に於いて、人々は、様々な目的で、情報収集をしています。その方法にも様々ありますが、大きく分けると3種類になるのです。

まず1つ目ですが、様々な方々から口頭で聴取する方法が挙げられます。街を歩けば、様々な方に出会うことになります。その方々に話しかけて、何らかの情報を得る手段があるのです。それから、電話もその1つになります。

電話帳などを見てみると、多くの企業の電話番号が載っていますが、そこに電話をかけて口頭で情報を得る手段もあるのです。このように、口頭で情報を集める方法が1種類目なのですが、

2種類目としては、紙媒体があります。例えば、コンビニなどで売られている、紙に印刷されている情報です。雑誌などを開けば、ひときわ様々な情報を得る事ができます。また新聞にも、非常に多くの情報が掲載されているのです。その2つの情報には、新しさに関わる違いがあります。

新聞の状況は、比較的最新の情報が掲載されている機会が多いのですが、雑誌の場合は、少し前の情報などが掲載されているケースも珍しくないです。このため、最新の情報を得たいなどと考えているのであれば、新聞などの方が、ベターな一面があります。ですが新聞より、雑誌の方が、知識は揃っている面もあります。ですから論理的に知識を得たい際は、雑誌の方がベターな場合もあるのです。

さて3つ目の情報収集の方法ですが、最近では、この方法を利用している方々は多い傾向があります。つまりWEB媒体です。

ここ最近のWEB媒体の普及により、それで情報を得ている方は大きく増えています。そして前述方法に比べると、リアルタイムな内容が多くに目立ちます。雑誌や新聞などに比べると、すごく新しい情報が掲載されている事が多いからです。なおWEB媒体での情報収集の方法は、主に文字媒体になるのですが、口頭で情報が得られるケースもあります。その理由として、昨今ではWEBカメラや音声ファイルなどを使い、随時口頭での情報が流れているからです。